湿気の強い日が続きます

患者様に許可をいただいて、お灸と鍼が一緒になっている、「灸頭鍼(きゅうとうしん)」の写真を撮らせていただきました。

一見すると暑そうなのですが、鍼は金属ですぐに冷えるので筋肉の部分には熱は伝導しません。

上で燃えているお灸の輻射熱で鍼の周りの部分を効果的に広く温めることが出来る方法です。

煙が多くなり、出来る体の範囲も限られるのであまりできない手技ではあります。

梅雨寒が続いているので、こちらの方にはこの手技があっているようでした。

不安定な陽気がつづいていますので、筋肉のコリがひどくなっている方が多いです。お風呂もやや熱めにした方がいいこともあります。

体調に合わせて気持ち良い梅雨を過ごされてくださいね。

こちらは、3年目にしてやっと花がついてきた、あざみの一種「アーティチョーク」です。欧米ではこのつぼみを食べますね。この葉のお茶が夏にあっているので、育てていました。花が咲くのが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です